×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

顔のたるみを改善するお手入れ方法

花 アスタリフト
    松田聖子さん・中島みゆきさんのCMで話題の「ASTALIFT」トライアルキット
     CoQ10の1000倍パワー!アスタキサンチン配合
     ピン!とはずむ上向き美肌へ♪


顔のたるみ改善

「顔のたるみ」があるか無いかで、見た目の年齢って、ぜんぜん
違ってきますよね。 「このタルミさえなければ・・・!」と
毎日、鏡とにらめっこ、悔しい思いをしていませんか?
  鏡とにらめっこ

 

たるみは加齢肌の特徴というイメージが強いかと思いますが、
実は若い人でも日々の習慣によって、たるみは確実にやってきます。

 

ところで、この「たるみ」って、どのようにしてつくられていくのでしょう?

 

タルミはただ単に皮膚が下がるだけでなく、皮膚の下にある脂肪も
筋肉も下垂することで起こります。みんなつながっていますからね。

 

皮膚と筋肉のあいだにはさまれた皮下脂肪が厚くなりすぎたり、
それをささえる筋肉が細くかたく縮んでくると、皮膚はその重さに
耐えきれなくなって、下へ下へと垂れさがってきます。

 

若く見られたいと思ったら、たるみの改善にお金と時間をかける
のが手っとり早いかもしれません。 美容に関する対策は、少しでも
早めにしていくことが老化を遅らせるポイントになります。

 

美容整形やエステにいくのもひとつの手。美容整形では、ボトックス
やヒアルロン酸注入など、即効性のあるタルミ対策が施されます。
エステでもスチームや光照射、マッサージなどの即時性と高い効果
を期待できる「たるみ改善法」がたくさんありますね。

 

しかし、いずれも高額になりますし、最初はちょっと勇気がいるのでは
ないかと思います。さんざん迷ったあげく、「やっぱりやーめた!」と
いうこと、よくあるんですね。それでは、いつまでたっても、たるみは
改善できませんので、ここでは自宅で自分でできるタルミ改善法を考えて
みたいと思います。まずは、自力でできることからスタートしましょう!

 

顔のたるみを改善するには、次の3つの方法が基本になります。

1、表情筋を鍛えること。
2、お肌に弾力を持たせること。
3、老廃物を溜め込まないこと。

頭では分かっていることばかりだと思います。
ただ、具体的に何をすればいいのかピンとこないかも知れませんね。
それでは、ひとつひとつ詳しくチェックしてみましょう。

表情筋を鍛える

アンチエイジングで最も大切なのは、表情筋を鍛える
こととも言われています。

 

表情筋とは、その名の通り表情を作る筋肉のことをいいます
が、これが衰えると筋肉の上に乗っている皮膚が重力に耐え
きれず、次第に下に落ちてきてたるみになってしまいます。

 

若い子と年配の人で印象が違うのは、このためなんですね。
若い人は、まだ表情筋にハリがありますから、顔に肉がつく
とピンとはって、たるみにはならないのです。

 

表情筋は、顔の土台。この部分に負荷を与えて鍛えることが大切です。
たるんだ顔の肉をなんとかしようとダイエットで顔の脂肪を落としても、
筋肉が鍛えられていないお顔は、やつれた感じに痩せてしまうのです。
「やつれる」のではなく、「引き締める」顔痩せをしていきましょう!

 

表情筋は物をよく噛んだり、たくさん話したり、表情を豊かにすること
で鍛えられます。しっかり食べて楽しく話し、毎日ハツラツとした生活
を送っていれば、年を重ねてもたるみ知らずでいられるというわけですね。

 

ここでは、目元口元など、各パーツ別にフェイストレーニングを
行い、タルミを改善していきます。筋肉が弾力性を取り戻せば、
皮膚と脂肪をしっかり支えてくれるので、お顔のハリが戻ります。

 

トレーニングすることで皮下脂肪も燃えるため、シュッとした
美しいフェイスラインに引き締まっていきますよ。

お肌に弾力を持たせる

お肌の弾力がなくなると顔にたるみができる、というのは、とても
わかりやすいと思います。お肌の弾力に不安を感じたら、たるみが
出る前に徹底的なスキンケアを心がけましょう。

 

コラーゲンを生成するレチノールなどが配合された化粧品を使うと
いいかもしれません。たるみ解消に、コラーゲンを食べる方法もあり
ますが、ただ食べるでけでは、体内でコラーゲンは生成されません。

 

コラーゲン生成をサポートする食品をいっしょに食べることが大切で
すね。コラーゲンは、ビタミンCや鉄と一緒に摂ると体内での合成を
促すとされています。口から摂取したコラーゲンを肌に使うのか、髪
に使うのか、また身体の他の部分で使うのかを決めるのは、ホルモン
などの役目です。エストロゲン(卵胞ホルモン)を減らさないように
する工夫も必要になります。

老廃物を溜め込まない

体に老廃物が溜まるとむくむ、というのは周知のとおりです。これは
顔にも同様のことが言えます。 顔のむくみが重力に耐え切れず、
たるみとなってしまうわけです。

 

老廃物を追い出すには、リンパマッサージが効果的でしょう。エステ
に行ってプロの施術を受けてもいいですが、できるだけセルフケアを
できるようにがんばってみましょう。デトックス効果も期待できます。

紫外線によるたるみ

たるみの改善の前に、もちろん予防も必要なわけですが、
たるみをつくる大きな原因になるのは、紫外線です。

 

紫外線には、A波とB波がありますが、A波は肌の奥の真皮にまで
届くため、大切なコラーゲンを破壊し、エラスチン繊維を変性させます。

 

肌のハリや弾力を保つのに欠かせないコラーゲンやエラスチンが
劣化し、保水力や新陳代謝も鈍るため、たるみができやすくなるのです。

 

つまり、紫外線対策をしっかり行うことで、たるみもかなり予防できる
わけです。夏はもちろんのこと、その他の季節でも1年中意識して
おきたいところですね。

お肌ぷるぷる
花 「天使のララ」お試しセット¥1,050送料無料!
  女優、タレント、メイクアップアーティスト御用達!
  ある朝、起きたら、ぷるるん♪リピーター続出です!
  実感が目に見える低分子フィッシュコラーゲン☆